環境を整える

前回の大規模な模様替えから数か月充実した快適な子育て生活を送っていました。しかし三歳を過ぎて再度現在の生活を見直すことにしました。子供が自分で考え、選択し、決定し、行動し易い環境に見直したのです。

まず、子供専用の机と椅子を備え付けました。集中し易いように机は壁に向けて設置しました。椅子は、腰かけた状態でかかとが床につくものにし、自分で出し入れができるものです。姿勢よく楽に座れることを大切にしました。机の上には、今まではしまい込んで私が取り出して与えていたものを、常に子供が自由に取りかかれるようにセットしました。折り紙や画用紙、シールやスタンプ、クレヨン、クーピー、ハサミ、のり、セロハンテープなどです。また、それらを使ったあとに自分で片付け易い環境に整えました。

他のおもちゃも自分で取り出し自分で片付けられるか、子供を観察し、再度見直し整理整頓しました。また、よく遊ぶおままごとなどのおもちゃを生活に支障がない場所に出しっぱなしにできるよう工夫しました。そして絵具や粘土など遊んで汚れたり片付けが大変なものも、思い切って今回子供が自分で取り出して自由に遊べるように収納しました。

また、ベランダや公園などで遊んで砂などが家に落ちるのを工夫して防いでお掃除していましたが、ストレスを減らして、いつでも十分遊ばせてあげられるように、スティック式の掃除機を購入しました。スティック式の掃除機は軽くて子供が自分で取り出して掃除機をかけるのも楽に行えます。小麦粘土の屑や、鉛筆削りの屑を自分で掃除もできます。親子が楽に掃除できるようになり、遊びも思い切り楽しめるようになりました。

環境を整えたことで、子供は自ら考え進んで創作遊びを楽しむようになりました。クレヨンやクーピーでのお絵描きや、ハサミやテープ、糊、折り紙、シールやスタンプを使って段ボールなどの廃材工作を自由に楽しんでいます。公文の運筆などの練習も自ら行う習慣もつくることができました。より快適な子育てを行えるようになり、子供の成長をともに楽しんでいます。

より良い環境づくり

息子が二歳半を過ぎて、ますます活発に活動するようになりました。0歳からの読み聞かせの絵本たちもなかなかの量になってきました。そろそろ収納などの見直しをしたいなと思い実行することにしました。また、私が私自身のための時間と活動するデスクスペースを快適にしたい、夫にも快適なスペースを作りたいと思いまいした。今までの息子を中心とする部屋づくりから、家族ひとりひとりをバランスよく意識した部屋づくりをしました。

結果、一個人として、夫婦として、家族としてよりよい環境が作ることができました。息子も以前より広々とした新しい空間を気に入った様子です。私も以前より家事や子育てが楽に行えるようになりました。また、朝早く起きるのも楽にできるようになり、早朝の家事や自分の時間を満喫できるようになりました。

そしてこれを機に、こどものために我慢したり後回しにしていたことを、こどものためにやろうとも思いました。なぜなら、こどもが望んでいることだと感じるからです。私自身が私自身のために行うことをためらわないことにしました。こどものためにも母親の私が生き生きとすることを大切にしていきたいと思いました。

大規模な模様替えをした中で、いくつかよかったことを書き留めます。

  • 夫婦のデスクスペースを日光が差し込む窓際に移動したこと。
  • 二つの部屋の間仕切りをなくしたこと。
  • 最適な本棚を設置し整理整頓したこと。
  • 食事を座卓式に変更したこと。

以前から、魔女の宅急便に出てくるような、ガラス窓で囲まれて植物をたくさん置けるような日当たりのよいサンテラスが憧れでした。マンションではなかなか実現はできませんが、デスクスペースを東向きの窓際に移動しただけで爽やかな気持ちで物事に取り組めます。

模様替えをする前は、東向きの一部屋を子供部屋にし、西向きの窓のない部屋をダイニング兼夫婦の書斎にしていました。ダイニングテーブルの前には大型のデスクトップパソコンが置かれていて、ついつい食事の時は何かを見ながら食べる習慣になっていて、この習慣を変えたいなと思っていました。また、息子が固定されて椅子に座っているのを嫌がり無理に椅子から降りようとして危険なこともありました。

今回、この二つの部屋の間仕切りを取り払い、東向きの窓からの日光が広く行き渡るようにしました。東向きの子供部屋だった部屋は夫婦のデスクスペースと本棚の配置とし、本棚には息子の大量の絵本も収納できました。そして西の部屋に息子のおもちゃを全て移動しました。全体的に床面積が増えて、プラレールやMAPを広げて遊ぶことなどが楽に行えるようになりました。食事はおもちゃが置いてある西の部屋で座卓式にしました。パソコン画面などから離れたので家族の団らんが和やかになりました。

息子の幼稚園入園を来年に控え、将来の小学校生活への移行も意識しながら、絵本を読む部屋と、おもちゃで遊ぶ部屋を分けてみました。

また、この機会を利用してキッチンの片付けもしたのですが、思いもよらない大量の不用品がでてきました。やはり定期的な見直し、断捨離は必要でした。新たに生まれ変わった空間で新しい気持ちでまた生活していきます。

WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。

のびのびと遊ぶ環境づくり

こどもが何かをしようとするのをたびたびスットプしないために、安心安全で過ごしやすい環境づくりは大切なことです。たびたびストップされたり、あれこれ指図しなければならない環境はこどもの笑顔を奪います。そして、一緒に過ごす私自身が笑顔になれて心地よい環境であることも大切なことです。

収納の見直しなど片付けや整理整頓は楽しんで定期的に行っています。
こどもが歩くようになり、背丈も伸びて手を伸ばすと届く範囲が広がってきました。環境づくりは日頃からよく観察し定期的に更新する必要がありますね。掃除をしやすくし清潔を保つためにも必要です。